予算¥2,000で、万年筆の魅力を存分に味わう。

万年筆。興味はあるけど、とっつきにくいイメージをお持ちの方が多いと思う。それは、扱い然り、価格然り。僕もかつてはそうでした。文具好きをうたってはいたものの、万年筆には触手が伸びず、おしゃれで扱いやすいボールペンばかり集めていたものです。そんな僕は、今はもうボールペンを使わなければならないシチュエーション以外、専ら万年筆派です。ボールペン派だった著者が万年筆に嵌ったその魅力を予算2000円という制限のもと皆さんに伝えます。1本数万もする万年筆はおいそれと購入できるものではありませんが、書くのに必要なものを全て揃えて2000円!であれば、「とりあえず試してみるか」という気持ちにもなりやすい。この記事をきっかけに万年筆を日常的に使うようになってもらえれば幸いです。

 

万年筆の魅力。

僕が思う万年筆の魅力は以下の3つ。

  1. 滑らかな書き味
  2. 多種多様なインク
  3. インクの濃淡

1.滑らかな書き味

万年筆といえばやっぱりヌラヌラ書ける、その書き心地が一番の魅力。現在はゲルインクのボールペンや、油性ボールペンであってもジェットストリームに代表される低粘度インクボールペンの登場によって、ボールペンも以前とは比べものにならないくらいスラスラと書くことができます。とはいっても、万年筆は毛細管現象でインクが紙に触れた瞬間、流れるようにインクが出てくるため、力を入れる必要がありません。ペン先を紙の上に置き、あとは万年筆自体の重さを利用してペン先を滑らせるだけでよいのです。この「ヌラヌラ書ける感覚」は決してボールペンでは味わえないもの。特に中字以上のペン先で顕著です(細字以下だとカリカリのものあります。各メーカーによっても書き味は異なります)。手に負担がかからないのもよいですね。

 

2.多種多様なインク

昨今の万年筆ブームはインクが火付け役と言っても過言ではないでしょう。特にパイロット(PILOT)の色彩雫(iroshizuku)シリーズですね。一番人気の「月夜」をはじめ、「冬将軍」、「山葡萄」、「天色」など絶妙なネーミングが付けられた素敵な色のインクたち。これらはこれまた素敵なボトルとパッケージに入れられ、ついついディスプレイしたくなる。万年筆のインクを次から次へ買ってしまう状態を指す「インク沼」なる言葉も誕生。

 

3.インクの濃淡

数多くのインク色も魅力ですが、今度は万年筆で書いた文字にスポットライトを当ててみましょう。すると、一つひとつの文字にインクの濃い部分と薄い部分があるはず。ボールペンで書いた文字にはこういった濃淡は出ません。万年筆で書いた文字に「味がある」と感じる理由の一つとしてインクの濃淡が挙げられます。ただ、これもインクによって、濃淡がよく出るものと出ないものあります。

 

以上を踏まえた上で、著者の考える予算2000円で万年筆の魅力を存分に味わう方法をご紹介します。

 

予算2000円で万年筆の魅力を存分に味わう。

[用意するもの]
  1. プラチナ万年筆プレピー(¥400)
  2. プラチナ万年筆コンバーター500(¥500)
  3. ペリカンボトルインク(¥1,000)

用意するものはこの3つ。プラチナ万年筆のプレピーはこの値段で本格的な万年筆の書き心地が味わえるコスパ最高の万年筆。ペン先が適度に柔らかく、細字でも少し太めの細字なのでヌラヌラ感が味わえます(極細字や中字も販売されています)。写真のものは旧型のもので価格も200円でした。今は100円値上がりしています。価格を400円にしているのはプレピークリスタルという透明軸のものを使って欲しいからです。透明軸は中のインクがよく見えるため、インク残量が分かるという利点があります。ただ、それ以上にペンを持つたびに中でインクが動くのが楽しい。僕は暇さえあればインクを眺めています。

【メール便対応】プラチナ万年筆 万年筆 プレピー PSQC-400 クリスタル【ペンハウス】 (400)

価格:344円
(2018/9/18 00:33時点)
感想(1件)

プラチナ PLATINUM プレピー PREPPY 万年筆 全7色 F/M PSQ-300

価格:226円
(2018/9/18 00:32時点)
感想(5件)

 

コンバーターというのはインクを吸入するためのもの。コンバーターをつけた万年筆をペン先からボトルインクに浸し、コンバーターを回すとペン先からインクがコンバーターに吸入されます。この吸入作業もすごく楽しい。至福の時間ですね。利便性でいえば、カートリッジ式に軍配が上がるとは思いますが、僕はこのインクの吸入作業が万年筆の魅力の一つとも考えています。

【メール便可】プラチナ万年筆 コンバーター500 [#04704000]

価格:367円
(2018/9/18 00:34時点)
感想(17件)

 

ボトルインクはこの予算ならペリカンのものが種類が豊富でオススメ。一番使う頻度が高いブリリアントレッドは純粋な赤ではなく、朱色のような色味で気に入っています。今回使うのはターコイズ。透き通るような水色で気分が上がります。他にもペリカンには多くの店舗で万年筆の試筆用インクとして用いられているロイヤルブルーや、色味が変わり、耐水性のある古典インクのブルーブラックなどがあります。ペリカン以外だとパーカーやパイロット、セーラー万年筆のインクなども候補に入ってきます。どのインクを選ぶかは好みの問題なので、ネットのレビューを見たり、実際にお店に行って見せてもらったりして決めてください。

ペリカン ボトルインク 4001 62.5ml #ブラック #ブルーブラック #ロイヤルブルー #ターコイズ #レッド #ダークグリーン #バイオレット #ブラウンPelikan 人気筆記具 文房具 オフィス 事務用品

価格:870円
(2018/9/18 00:37時点)

パイロット 万年筆インキ 一般筆記用 INK-30【税込4,320円以上で送料無料!】

価格:432円
(2018/9/18 00:39時点)
感想(28件)

セーラー万年筆 (ボトルインク)(13-1008) SHIKIORI(四季織) 十六夜の夢 (20ml)(カラー選択:全16色)(快適家電デジタルライフ)

価格:830円
(2018/9/18 00:44時点)
感想(0件)

 

コンバーターを首軸に差し込む。特にねじったりする必要はなく、そのままぐっと挿せばOK。

 

 

今回使用するインクはペリカン・ターコイズ。

 

ペン先をインクに浸し、コンバーターを回すとインクが吸入されます。このとき、コンバーター内に空気が入っているので、ペン先を浸けたまま何回か回す必要があります。回転式のコンバーターの場合、満タンにはならないのである程度インクが入れば大丈夫。

 

ここでひとつ注意点。プレピーは本来コンバーター使用が想定されていません。そのため、インクの吸入の際に首軸の入り口に必ずインクが溜まってしまいます(写真参考)ので、吸入が終わったらティッシュ等で溜まっているインクを取り除きましょう。プレピーはコンバーター使用が想定されてはいませんが、僕はプレピーを何本もコンバーターで運用していますし、首軸の入り口にインクが溜まってしまうことを除けば、特段問題はありません。

 

さあ、これで準備完了です。早速書いてみましょう。

 

僕は今もよくプレピーを使っています。他にも万年筆は所持していますが、これで必要十分なのです。

 

プラチナ万年筆プレピー。最初の1本の最適解。

値段、質、ともに抜群なプレピーは万年筆最初の1本として最適解かと思います。コンバーターをつければ好きなインクが使用できます。もう少し予算が出せるならインクはやっぱりパイロットの色彩雫シリーズがオススメですね。僕は「月夜」の青緑の絶妙な色合いにやられ、インク沼に片足突っ込みました。あともう一つオススメなのがウォーターマンのミステリアスブルー。ミステリアスという名の通り、書いた直後は綺麗な青なのにしばらくすると少し青味が抜け、緑がかった色味になる不思議なインク。濃淡もよく出るし、インクフローもいい(インクがよく出るということ)ので大好きなインクです。

 

予算2000円で万年筆の魅力を存分に味わう。いかがでしたか。少しでも興味が湧いた方は是非、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です